タブレットレジの導入で必要となるもの

  • レジで使用するタブレット端末
  • オーダーを伝えるための端末
  • レシートを印刷する機器
  • オーダーを印刷する機器
  • アクセスポイント
  • 管理するための端末

タブレットレジ導入の手順

問い合わせしましょう

タブレットレジの導入を考えているなら、その方法を確認しておきましょう。まずはサービスを提供している会社に連絡をする必要があります。メールか電話にて問い合わせできるでしょう。

現状を伝える

連絡した際には、店舗の内容や現在のレジの状況などを伝えるようにしてください。現状を伝える事によって、最適となるサービスを提案してもらえるからです。その内容を元に、サービスや見積書が作成される事となります。

見積書を確認

後日提出された見積書をチェックしましょう。その際にはサービスの内容、タブレットレジの使用方法などを確認してください。導入後、スムーズに使用できる事がポイントとなるのです。

契約を行なう

サービスの内容、金額に納得できましたら契約を行ないましょう。その際にはサービスや機器を導入するための日時が決定される事となります。サービスを導入する際には、その使用方法などを詳しく聞く必要があるでしょう。そのため時間を設ける事ができる日にちを選択するようにしてください。

使用するための準備

タブレットレジを導入する際には、サービスを提供している会社で設定を行なう必要があります。そのため、機器を設置してもすぐに使用できないケースもあるでしょう。設定やテストが行われ準備が整ったところで、実際にタブレットレジを使用できるようになります。

POSレジ導入の利点BEST5

no.1

業務の時間を短縮

POSレジを導入すると、一番のメリットとして挙げられるのが「時間が短縮される」という事です。今までは手動で行わなければならなかった作業も、システムとして準備されている事も多いです。結果的にレジ操作の負担が大きく軽減されるでしょう。

no.2

売り上げの情報をすぐ管理

会計が終了した後のデータは、すぐさま管理データに反映されます。そのため現在の売り上げ状況を確認する事が実現されるのです。また過去のデータをすぐに参照する事もできますから、分析を行なう時に活かされます。

no.3

不正を防ぐ

POSレジでは様々な情報を管理できるものです。もちろんレジを担当したスタッフの情報も残されていますから、万が一不正があったとしても、すぐに調べる事が可能となります。セキュリティー面を向上できるのです。

no.4

ミスが軽減する

従来のレジを使用する時には、金額を打ち込むようなタイプもありました。その際にはミスが発生してしまう事も多かったものです。しかしPOSレジは金額の情報を入れておく事ができますから、ミスを防止できるのです。

no.5

複数の店舗も管理できる

複数の店舗を同時に管理できるのが、POSレジの魅力です。いくつかの店舗の情報をまとめて確認できますから、事業者は管理がしやすくなると言えます。POSレジは安心できる経営をサポートしてくれるのです。

[PR]

レジを買うならタブレットタイプが最適
コスパ◎の製品を厳選紹介!

[PR]

カフェの開業に必要な知識を学ぼう
調査能力がとても高い☆

タブレットの導入を検討する前に~POSレジの知識を確認しよう~

女性

従来のレジとの違い

POSレジを導入する方の中には、タブレット端末を利用する方も増えてきました。従来のレジから、タブレットレジを検討している方も多いでしょう。しかし、何が変わったのかきちんと理解していないとPOSレジの良さを全面に活かすことができません。ですから、これから導入を検討している方は、従来のレジとの違いを確認してみてください。

同時に管理できる

従来のレジは商品の合計金額を計算し情報を蓄積させる、そして不正を防止する目的で利用されていました。それに対してPOSレジとはお会計を行なうと同時に、その情報を管理できる仕組みを兼ね揃えたサービスとなっています。売り上げをすぐさま把握し、管理をしたい経営者には最適のツールとなっているのです。

広告募集中