手を繋ぐ夫婦

日本らしさ満載

挙式会場の工夫とメリット

結婚式の様子

日本らしさを求めるカップルに、幅広く支持されている結婚式である神前式。 そんな神前式ですが、実は挙式場所を工夫することで様々な好みに合わせた結婚式にすることが出来ます。 神様が祀られている前で結婚のお誓いをする結婚式、という意味を持つ神前式ですから神社でなくても神様をお祀りしている結婚式場やホテルなどでも神前式を挙げることは可能です。こうした挙式会場では様々なサービスを受けられて、多くの準備を任せることが出来るというメリットを持っています。 一方の神社で挙式する場合は、神社でのみ行われる演出を味わうことが出来ます。そもそも神前式で結婚式を挙げたいと思われる人たちにとって、演出は神前式の大きな魅力です。 結婚行列などは、神社のように挙式会場が独立して存在している場所でなければ味わえない演出です。また、歴史的な建築物の中で行われるという、特別な雰囲気を味わえます。 場所によって様々なメリットがあるので、挙式場所を選ぶ際は好みに応じて選ぶと良いでしょう。

神前式、人気とその理由

神前式の結婚式は近年注目が高まっています。 なぜ今になって神前式が人気になっているのか、現状を見ていくことでその理由を見ていきたいと思います。 神前式が不人気であった理由の一つは、古臭いというイメージを多くの若い人が持っていたためです。そうした人々にとって華やかなイメージのあるキリスト教式の結婚式に人気が集中して、現在もなお結婚式の主流はキリスト教式の結婚式です。 そうした現状が変わるきっかけとなっているのは、最近になって日本らしさを再評価する風潮が高まっていることです。そうした流れは若い人にも及んでおり、日本らしい結婚式として神前式にも注目が高まっているのです。 またそうした流れの一つともいえる、寺社巡りをする若い人の増加に伴って、神社が身近になっているということも要因としてあります。